YS-15's Notes Home How To Download Link カウンター

2007年にFlight Simulator Xを購入してから間もなく11年です 2012年の Microsoft Flight も結局は FSX ユーザーの受け皿に成れず失速しました
Lockheed Martin が開発を引き継ぐ Prepar3D は v4となり64Bit化されましたが、やはり素の状態では単なる高速な FSX と感じた私は軽い気持ちで
X-Plane 11 のデモをインストールしました そして素の AutoGen や夜景を体験した翌日、製品版をダウンロードして X-Plane 11 に移行しました

RJA3_1.jpg

2018/10/20
以前 FSX 用に製作した竜ケ崎飛行場を X-Plane 11 用にコンバートしました FS2XPlane という有り難いコンバーターがあり変換作業は簡単ですが、FSX 用に作られたものを X-Plane 11 の流儀にするわけですから、色々なところに修正が必要になります FSX の飛行場は平坦ですが X-Plane 11 では滑走路やエプロンに地形が反映します 平坦に飛行場を作る事は出来ますが、それでは X-Plane 11 の良さを生かせないので何とか折り合いを付けました
* ファイルは X-Plane 11 用です

2018/4/14
World Traffic 3 用のファイルに、航空自衛隊飛行点検隊 U-125、航空救難隊 U-125Aを追加しました リバリー(X-Plane 風の呼称)テクスチャは、ファイルのタイムスタンプによると2009年に塗ったものでした 飛行点検隊の U-125 は3機とも入間基地に配備されていて、白と赤を基調とした塗装で、航空救難隊の U-125A は空色です World Traffic 3 のモデルに U-125 があったので、今回は古いテクスチャを生かせました
* ファイルは X-Plane 11 のAI機プラグイン World Traffic 3 用です

2018/3/17
World Traffic 3 用のファイルに北海道エアシステムを追加しました 保有機材3機の小さな航空会社ですが、JASグループ(レインボー・カラー)→ JALグループ(太陽のアーク)→ JALグループ離脱(独自デザイン)→ JALグループ復帰(新鶴丸)と、経営母体の変遷に振り回されてきました 2016年4月28日には日本エアコミューターからの借用機材と合わせて、4機で4種類の塗装が見られたほどです JAL復活後の現在は3機とも新鶴丸塗装になりました
* ファイルは X-Plane 11 のAI機プラグイン World Traffic 3 用です

2018/3/15
3月14日ホワイトデイにフジドリーム12号機が到着しました ボディーカラーはホワイトにレッドのロゴなのでフェリーをホワイトデイにしたのかは知りません せっかく新しい機体が増えたので、早速 World Traffic 3 用のファイルを更新しました フライトプランは11号機までしか無いので、中古で導入された4号機を引退させて11号機に入れ替えました(実際11号機はグリーンでアルプちゃんも貼ってあります) そして11号機のスケジュールに12号機をあてています
* ファイルは X-Plane 11 のAI機プラグイン World Traffic 3 用です

2018/2/25
今日現在 World Traffic 3 に Models_Patch3_DDS を追加導入すると、フジドリームエアラインの各色が導入されます しかしレジ番の間違いやテクスチャの荒れがあるため、YS-15 が塗ったテクスチャ(11号機も追加)に置き換えてみました 静岡空港で2機で始まった小さな航空会社が、よくぞここまで順調に成長してきたものです 3月14日にはホワイトデイに合わせて?、ホワイトカラーの12号機が到着予定ですし、今後も毎年3月に1機ずつ受領予定です
* ファイルは X-Plane 11 のAI機プラグイン World Traffic 3 用です

2018/1/24
SketchiUp の 3DWharehouse で見つけた chi-ko さん製作の「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔」です 以前FSX用にコンバートした物を、X-Plane11 で使用すためにモデルを多少改造して航空障害灯を追加しました 最初は追加で台座も作りましたが、家屋や木に邪魔される状況だったので周辺の土地を少々 Exclusion コマンドで除外したところ、かなり広いエリアの AutoGen が除外されてしまうのです 除外された範囲に AutoGen を配置するのは大変なので今回は土地に手を付けませんでした 八尾空港を離陸して富田林方面に南下すると見えてきます
* 今回からファイルは X-Plane 11 用のみです

2017/12/7
ザシーン城北アストロタワーを作りました 名古屋市北区にあるタワーマンションで、名古屋飛行場16から離陸し南西に向かうと見えてきます 地元では単にザシーン城北と呼ばれ、誰もアストロタワーとは呼ばないです 素の FSX には入っていないので、以前 gmax で作成した物を SketchUp 2017 で作り直しました 屋上ヘリポートは着陸出来るようパッド面のみハード化していますので、腕試しに着陸してみてください(お金持ちの男女が立っています) なお進入コースは照明の配置から東からだと思われます ファイルは FSX、Prepar3D、X-Plane11 用の3種類です
* 初めての X-Plane 11 オブジェクトなので、X-Plane 11 はネイティブではないです

2017/4/1
阿見ソーラーウェイを作りました 以前は東京航空が管理していた小型機専用の飛行場でしたが、現在は出力約0.8MWのメガソーラー発電所に生まれ変わりました 8年ほど前に阿見飛行場の簡易AFDは作っていましたが、SP2や5mメッシュ未対応だったためここ数年は公開中止していました ところが最近になってGoogle Earthを見たところ、メガソーラーが完成していたのでFSXに再現してみました 滑走路は一面にソーラーパネルが設置してあり着陸不能なので、ヘリコプターで上空から見学できる程度のモデリングです
* 公開日は4月1日ですが、エイプリルフールでなく本当にメガソーラーに変わってしまったのです!

2017/2/5
日本エアコミューターのATR 42-600が到着したので、OSP ATR42-500のペイントキットで塗ってみました ATRは初めて塗ったのですが水引のデザインで苦労しました 最初は機体デザイン図をトレースしたのですが、実機が到着してみるとラインの位置が違います 結局は水引のラインは全部やり直しになりました ところが横から見れば何とかそれらしく見える水引のラインも、機体上方や下方から見るとベッチョリ滲んでしまいます 色々といじってみましたが、私のスキルではこの辺りが限界です
* ついでに以前塗ったサーブも手直ししました 各機体には色々なステッカーが貼ってあります

2017/1/11
正月休みに久しぶりにAI機を見直していたら、ピーチアビエーションが18号機まで増えていました そこで新たに登場した15号機「KTMジェット」(音楽グループ「ケツメイシ」をデザインしたラッピング機)、17号機(フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VWJ)とのコラボレーション)を塗りました 6号機(ルネ)はまだ飛んでいますので塗りましたが、「MARIKO JET」は通常塗装に戻ったので、名残惜しいですがAI機も通常塗装に戻しました ラッピング機は機体塗装とラップ部分の色が微妙に違うので、リペイントもその感じを表現しています

2016/12/30
北海道エアーシステムのJA01HCに「Happy Air Connection」特別塗装を塗りました これは「札幌・丘珠/釧路線の認知度向上をめざし、路線のPRを行います」とのことです HACは日本航空の経営破綻に伴いJALグループから分離されましたが、2014年には経営再建なったJALグループへ復帰します その結果 JALアーク塗装 → HAC独自塗装 → JAL鶴丸塗装と、保有する3機が3種類の塗装ということで歴史の変遷を感じます
* 以前塗ったJA01HCですが、今回の特別塗装を塗るにあたり細かい部分の訂正をしました

2016/12/17
フジドリームの11号機が到着したのは知っていたのですが、家の用事で忙しかったこともあり放ってありました しかし地元がベースのエアラインなので、遅ればせながらリペイントしてみました 2機続いたメタリック新色と比べて、4号機と同じグリーンということで多少新鮮味には欠けますね この11号機は4号機が担っていた松本親善大使を引き継ぎ、アルプちゃんというゆるキャラステッカーが貼ってあります まだアルプちゃんは4号機にも貼ってあるようなので、松本親善大使が2機飛んでいるというわけです

2016/11/27
北後志地区農道離着陸場(アップルポート余市)をバージョンアップしました この簡易AFDは3年ほど前に公開したものをSP2と5mメッシュに対応させ、飛行場周辺フォト、オブジェクトの追加をしたものです。周辺民家はAutoGenで配置して、滑走路周辺で目立つ物は新たにモデリングしました。作成当時のPC環境はSP1と10mメッシュでしたが、その後REXの導入等によりSP2必須の時代となりました。SP1はテクスチャのフラッシングに寛大なのか、オブジェクトの2重面貼りがあっても表面化しませんでした。なお当時のスケッチアップのソースが無かったので、以前自分が作成したBGLを逆コンパイルするという、非建設的な工程を経て製作しました。

2016/5/15
竜ヶ崎飛行場のAFDのバグ修正、テクスチャのアップデート、看板追加をしました AFDのバグは風向きによってランウェイ26離陸時に停止したままになるもので、1ヵ所ホールドショートが無い(実地が消えていた)ため、ホールドショートを設定しなかったのが原因です 新社屋の画像はGoogle Earthと社屋正面の写真しか見当たらないため、想像でコンクリート基礎と鉄骨だけを配置しました ランウェイのマーキングは古びた感じに変え、春夏のフォトも入れ替えました あとは地元の人以外は気が付かない、飛行場入口の看板の書き換えと追加をしました

2016/3/17
1年ぶりにフジドリームの10号機が到着したので、久しぶりにリペイントしてみました ゴールドに続いてのメタリックシルバーで、なかなかかっこいいです Flightradar 24 で見てみると、もう青森や九州に飛んでいます 今回はメタリック塗装の質感を多少オーバー気味にし、ついでにゴールドも同様に塗り直してみました 今後の機体は新型ウィングレット、空力向上タイプホイールカバーが標準のようです
* 3月13日はブルーインパルスが小牧で飛行しましたが、家の雑用で見られませんでした 残念!

2015/11/29
放置してあった「竜ヶ崎飛行場」をコツコツと作っていました 5年前に作りかけた時は古びた建物の表現に苦労しましたが、何とか暫定的に2015年版として完成させました 暫定的というのは2015年に入ってから飛行場が激変してしまったからです 6棟あった住居らしき建物は取り壊され、旧待合室といくつかの建物が何とか残っている状況です 今後は旧待合室も取り壊されるそうで、ここの待合室でお世話になった方は寂しいでしょうね 飛行場はその後の状況資料が得られた時点で、2016年版として追加することにしました
* Airport Design Editor 9x と gmax の How To を少し追加しました

2015/3/28
地元名古屋飛行場にフジドリームの9号機が到着したので、気分転換を兼ねてリペイントしてみました 金の鯱で有名な名古屋に似合うゴールドメタリックをそれらしく塗ってはみましたが、やはりメタリック塗装の質感を出すのは難しいですね 機体構造の変更箇所は燃費向上を狙った新型ウィングレットですが、さすがにモデルの変更は出来ないので、金属貼りの部分だけを塗り分けています またホイールカバーも8号機と同様に、空力向上タイプが付いています
* 5年ほど放置してあった「竜ヶ崎飛行場」を完成すべく、古びた建物をモデリングする今日この頃です

2014/7/20
Cessna 172SP用にこつこつと部品を集めながら実験してきたことを、忘れないうちにまとめています 最初はスロットルを作るにはどうすれば良いのか?から始まり、FSX と外部の機器はどうやって信号のやり取りをするのか?、それにはどんなハードとソフトが必要なのかと考えました 高校生の頃(大昔)に半田付けした経験はあったので、少しずつ勘を取り戻しつつ作業を進めています ただ老眼や乱視が進んでいる関係で、1/10インチピッチのユニバーサル基板でさえ、隣のランドにくっ付きそうになります でもゲルマニウムラジオ世代ですから、半田付けは何だか楽しいです

2014/7/17
FSXデフォルト機のCessna 172SPで使用する部品を作り始めました 国内では入手困難な物が多いので、eBayやアメリカ本土のショップから購入します この写真のイグニッションキースイッチもその一つですが、5ポジション(OFF-R-L-BOTH-START)という構造のため、国内ではぴったりな物が見つかりませんでした 幸いeBayで実機の未使用品を入手出来たので、接続するためにテスターで導通を調べた結果、非常に厄介な接点パターンと判りました 同様に苦労した外人の方のHP(Juneau Cessna Sim)があったので、それを参考にイグニッションキースイッチを改造しました

2014/3/23
フジドリーム8号機を塗りました 3か月以上更新無しでしたが、年末から正月にかけヨークとラダーを購入しました さらにREX Essential Plus Overdriveを入れたところ、セスナ172を飛ばすのが楽しくてずっと遊んでいました その後ホームコクピット製作のブログ等を見ていたら、自分のハードをもう少し何とかしたくなり、最近はどうすれば製作できるのかばかり頭を巡っています そんな訳でしばららくはハード工作にのめり込みそうです(少ないお金がさらに減ってしまう)
* JA08FJのメインギアアウターホイールは、空力を考慮した形状に変更されました(JA07FJも塗り直し)

2013/12/10
バニラエアー1号機を塗りました FSX AI BureauのFSX用なのでFS2004では使用出来ないと思います PCの性能向上と共にFS2004からFSXへの移行も進み、最近ではAI機もFSX用を見かけるようになりました さらに Service Pack 2 の Direct X 環境でも、ちゃんと表示されるは良いですね なおFSX AI Bureauのリペイントは初めてで、テクスチャサイズ(2048x2048!)やフォルダー配置には少々戸惑いました 機体デザインでは、白い足跡?のパターンが胴体左右では別で、2号機以降も全てなぞる必要があると思うとなんか手間がかかりそうです

2013/11/3
ピーチの「MARIKO JET」を塗りました 元AKBの篠田麻里子さん(私でもさすがに知ってます)をCAとして採用ではなくて、良く分からないですが取り合えずコラボ!ということです これでAKBファンが一挙に押し寄せて搭乗率アップするかはわからないですが、ピーチは話題作りがうまいですね 篠田さん自らデザインしたという特別塗装は、プリクラの如く星をあちこち貼ってくれたので、塗り忘れがあるかも知れないです 今後の展開は、「板野 JET」か「前田 JET」か?
* gmax(パスに沿って列車を走らせる)を追加しました

2013/8/29
知らない間に春秋航空日本という会社ができていたんですね。春秋航空は「立ち乗り」を提案した中国のLCCで、日本の地方空港にも飛んで来ていますが、日本法人まで設立するとは驚きました。当初は3機体制(現在は1機)で成田と広島、高松、熊本に就航するようですが、ピーチ以外ぱっとしないLCCにとって難しい日本での動向が気になります。カラーリングは本家のイメージを残すものの、こちらの方がシンプルでかっこいいかも。

2013/8/11
Peach Aviationの Peach×「ルネ」×「GirlsAward」コラボレーション特別塗装(JA807、JA808P、JA809P)を塗りました そちら(どんな?)方面に疎い自分としては、ルネとやらGirlsAwardとやら初めて耳にするフレーズでした 今回は特別塗装とはいっても、期間限定でステッカーを貼ったものだと思います ところで日本国内のLCCといえば、ANAと組んだエアアジア・ジャパンが早くも失速しましたが、経営方針の相違や日本独自の規制等がネックになったのでしょうか
* Jetstarのレジ追加、Star Flyerの金ストライプ入り8号機追加、Fuji Dream Airlines各号機の修正

2013/7/1
久しぶりにフジドリームエアラインの7号機(JA07FJ)を塗りましたが、しばらくぶりなので操作手順を忘れていました ところで今ではすっかりベースとなった名古屋飛行場には、早朝からの出発にそなえた5機がずらりと並びます 鈴与が静岡空港で2機のエンブラエルを運用始めた当時は、これほど多くのカラーリングの機体が飛ぶとは思えなかったです JAL撤退路線の引継ぎやコードシェアの効果なのでしょうか、来年3月には8号機(ゴールド?)もやってきます
* SketchUp関連の記述が古くなっていたので、アップデートと若干の追加をしました

2013/5/18
前回に続いて北海道余市町にある、北後志地区農道離着陸場(アップルポート余市)を作りました 今回の簡易AFDも Trimble SketchUp で作成したオブジェクトを追加しています 管制塔とユニットハウスが2つだけの小さな飛行場ですが、ネットで検索した豆粒のような画像から、寸法や構造を想像しながらのモデリングで時間がかかりました ファイルサイズが大きくフレームレートも落ちますが、Trimble 3D ギャラリーから頂いた美しいフィギュア、車両を配置しました
* SketchUpが面白くてAI機のリペイントがご無沙汰ですが、FDAの黄色が来たら塗ろうと思います

2013/2/9
正月過ぎにふと思い立ち、新得(西部地区)農道離着陸場を作り始めました 今回の簡易AFDには、Trimble SketchUp で作成したオブジェクトを追加しています 建物が2つしか無い小さな飛行場ですが、テクスチャ処理や無意味なモデルの作りこみから、フレームレートへ悪影響があるかもしれないです 今回使用した日本語版 Trimble SketchUp 8 とModelConverterX の組み合わせは、英語が苦手な高齢者(自分)には gmax(英語)よりも快適に感じました 日本での SketchUp シーナリー作り先駆者である「ベルリンの響き」さんに感謝!

2012/12/1
しばらくHPを更新しませんでしたが、こつこつとメットライフアリコ社のスヌーピーJ号を作っていました 以前から飛騨エアーパークを作っていましたが飽きてしまったので、スヌーピーJ号をモデリングして上空をグルグルと旋回させていました しかし同じところをずっと飛んでいても変なので、いっそAI飛行船として飛ばすことにしました
* 外資系の会社から許可がもらえるとは思えないので、キャラクター部分を除いたデザインです スクリーンショット位は大丈夫だと思いますが


2012/6/24
LCCのジェットスタージャパンを塗りました カンタスの子会社ジェットスターが設立した日本法人なので、カラーリングは基本的には本国と同様ですが、ロゴ以外にも塗りわけラインの違いがありました また国内のA320では見かけないIAEエンジン搭載ですので、IAEエンジンファン?には嬉しいかと思います 実機のシルバーの感じがうまく塗れず、グラディエーションとアルファチャンネルの併用で妥協しました(上方から見るとグラディエーションが不自然に見えて)
* モデルDJC_A320_IAE_Refl.mdlを直接指定する方法が分からず、model.cfgを添付しました(モデル別フォルダに)

2012/6/2
日本エアーコミューターのサーブ340Bが新塗装になりました ベースはアイボリーから純白に変わり、垂直尾翼に鶴丸が復活 しました 最近はSketchUpを使用して飛騨エアーパークをちょこちょこ作っていたので、たまにはAI機をリペイントしないと 画像ソフトの操作や塗り方を忘れてしまいます
* ModelConverterX(バンプマップの作成)と、ModelConverterX(バンプマップの追加)を追加しました

2012/5/19
Googleが2012年4月26日に「SketchUp」事業の売却を発表しました 資金力のあるGoogleが何故「SketchUp」を手放すのか不思議ですし、売却先のTrimble Navigation Limitedが今後フリーの「SketchUp」を存続させるかが不安です 開発の止まっているgmaxに代わるモデラーと期待していたのですが
* ModelConverterX(金属光沢の表現)とgmax(アニメーションの設定)を追加しました

2012/3/29
新日本航空のJA80CTを塗りました この機体はイギリスから鹿児島空港へフェリーされた後もなかなか姿を現わさず、やっと飛んだと思ったらレジ変更以外はオリジナル塗装のままでびっくりです 機首の監視カメラは取り外されたので、リペイントしても違和感が無いのは助かりましたが
* ついでにJA127Dの側方監視窓のサイズを大きくしました

2012/2/18
オリエンタルエアブリッジの1、2号機がリペイントされたので塗ってみました ストライプや配色に大きな変化は無いですが、エンジンカウルのストライプが無くなり、尾翼のロゴはBridgeが追加されました 基本的には同じデザインの1号機と2号機ですが、L1とR1ドアのステップのあたりの塗り方が違うようです
* ソラシードエアー3号機のレジを増やしました

2011/12/3
フジドリームエアラインの6号機を塗りました ネットのデジカメ写真を参考にしたが、パープルの色合いが微妙なので今後も色の修正が必要がもしれません それにしても本拠地は静岡でも5号機は名古屋飛行場ベースで、今後は静岡離れが進むのでしょうか
* 6号機を塗るついでに、3号機と5号機もちょっとだけ手直ししました

2011/11/28
北海道エアシステムのSaab 340B-WT JA01HCを塗りました JALの経営破綻にともないグループから外れたHACですが、白地とグリーンに一般から募集したした新ロゴをあしらったJA01HCがデビューしました 今後は重整備のタイミングで2号機と3号機も塗り替えられると思います
* モデルはThe Fruit Standですが、TFS Winter 2008 Bonus Folder中の0-optional_reflective_model用です
* 塗り忘れ修正(いい加減ですいません)、グリーン修正

2011/11/11
ANAが立ち上げた国内初のLCC、Peach AviationのAirbus A320 CFMを塗りました フーシアというカラーを中心にペイントされていますが、 デジタルカメラで撮影されている画像では、光線やWBの影響か本当の色がよく分かりません
* ソラシドエアーのJA802Xを追加しました
* J-AIRのJA217Jからハッピーターンステッカーを剥がしました

2011/10/23
宇宙航空研究開発機構(JAXA)のDornier Do228-200を塗りました 以前は機首に大きなピトー管状の角が飛び出していましたが、偶然最近の写真 を見たら外されていました(そのうちまた取り付けられる?) そこでこの状態なら違和感が無いと思って塗りましたが、細い斜めのストライプ はなかなか綺麗に塗れません

2011/9/24
新日本航空のBritten Norman BN-2Bを塗りました モデルに無い監視窓は適当にグレーで塗りました(いい加減!)
それより問題なのはJA80CTの方で、元英国の警察の機体で機首に大きな監視カメラがついています カメラははずすと思いますが 、機首の形状はそのままだと思うので適当にお茶を濁すしか無いでしょうか

2011/9/4
新日本航空のBritten Norman BN-2Bが、佐渡と新潟を結ぶ定期便に就航しました(旭伸航空のコウノトリ塗装の機体は勿体無かったなー) 機体は第一航空から移籍したみたいで、社名とロゴが消されているだけみたいですが、胴体側面に下方監視窓?があるため、どうやって塗ったらよいのか思案中です
* Google SketchUp(自作マテリアルの画像入手)とGoogle SketchUp(自作マテリアルの変換作業と登録) を追加

2011/7/31
フジドリームエアラインの4号機が2011年7月15日より松本市観光大使に就任しました それにともない胴体後部両サイドとL1ドア横に、アルプちゃん (いわゆるユルキャラで松本市のマスコットキャラクター)のステッカーが貼られました

2011/7/19
スカイネットアジア航空は、7月からSolaseed Air にブランド名が変わりました その1号機 Boeing 737-800 スカイインテリアを塗って みました 実機は胴体前部下部にもロゴが入っていますが、これは地方空港での離着陸時に地上からよく見えるようにとのことです  ただモデルのテクスチャ配置の関係で、綺麗に見えないと思って入れてません

2011/7/16
* スターフライヤー Airbus A320 CFM の6号機のレジNOを追加し、全機の一部間違いを修正しました
* 新中央航空 Do228-200 の4号機のレジNOを追加しました(実機の4号機は5枚プロペラですが)
* 航空自衛隊 KC-767J の4号機のレジNOを追加し、50周年ステッカーの除去、全機の日の丸の彩度を落としました

2011/7/2
ModelConverterXの記述に、Google SketchUp(ModelConverterXコンバートウィザード)と、Google SketchUp(ModelConverterXグランドポリゴンウィザード)を追加しました

2011/6/15
ModelConverterXの記述の一部修正と、Google SketchUp(ModelConverterXでライトの追加)を追加しました クラッシュボックスの表示機能が追加されたりと、日々発展しているソフトです

2011/5/29
次々と機能が追加されているModelConverterXなので、Google SketchUp(ModelConverterXでヘリポートの設置)を追加しました Google SketchUpのライブラリーには神社仏閣も多く アップロードされており、これらをFSXにコンバートするのも楽しいです(著作権の問題で自家用に限りますが)

2011/5/27
随分前に塗った琉球エアーコミューターのBritten Norman BN-2Bですが、尾翼のシーサーが琉球っぽくて気に入っていました このモデルはダイナミックシャイン?というのでしょうか、アルファチャンネルに関わらず輝やくみたいです

2011/5/5
Star Flyerの1号機から5号機をBORISさんのペイントキットで塗りました 5号機も導入されいよいよ国際線にも進出するようです トータルデザインはロボットデザイナーの松井龍哉さんで、機体から細かいロゴまでかっこいいです

2011/4/30
Fuji Dream Airlinesの5号機を追加しました J-Airが去ってしまった今こそ名古屋飛行場を盛り上げて欲しいものですね、確かまだ3機分のカラーが予約されていましたから

2011/4/23
J-Airの5号機から10号機までレジNOを水増ししました その中のJA217Jには「亀田製菓のハッピーターン」ステッカーが貼ってありますが、その後も飛んでいるのかは知りません ついでにフライトプランを最新にしたら、名古屋飛行場からみんな居なくなってしまい複雑な心境です

2011/4/22
Fuji Dream Airlinesの4号機を追加して、1号機と3号機の色も修正しました フジドリームの各機体の色は多少蛍光っぽく見えるようで、写真で見た色と実物の色がなかなか一致しなくて何度か色を修正しました

2011/4/19
Fuji Dream Airlinesの3号機を追加しました E170を2フレームだけストレッチした機体ですが、E175のペイントキットは見つけられなかったので、自分で一部を修正したE170用を流用しました ついでに1号機と2号機の手直しもしました

2011/4/14
実機が飛ぶ前に塗ったFuji Dream Airlinesの初号機が、「The Spirit of Chateraise」となっていたので塗り直し、ついでに色違いの2号機も手直しました

2011/4/2
「フォトシーナリの作成」の表記間違いを修正したうえ、項目の細分化によってサンプルファイルを5個にしました

2011/3/27
HPのまとめが終わったので、久しぶりにデフォルト機のRobinson R22を塗ったところ リペイントは半年ぶり位なので画像ソフトの操作や 工程を忘れていました さらに多くのテクスチャが左右共通(胴体横、胴体下、テールブーム)なため、胴体のロゴやブームのレジナンバー が描けません したがって左右共通デザインの機体を選ぶしかないのが残念です

ツール操作備忘録

Google Earth
FSX KML
SketchUp
ModelConverterX
FSX Planner
gmax
フォトシーナリ
Autogen
国土地理院10mメッシュ
ミッション
World of AI


World Traffic 3 AI機

Fuji Dream Airlines
Hokkaido Air System
JASDF U-125
JASDF U-125A


SketchUpオブジェクト

大平和祈念塔
アストロタワー
竜ヶ崎飛行場2016年
アップルポート余市
阿見ソーラーウェイ


FSX AI機リペイント

Airbus A320 CFM
Airbus A320 IAE
ATR 42-600
Beechjet T-400
Boeing 737-800
Boeing KC-767J
Bombardier DHC-8-Q200
Britten Norman BN-2B
Dornier Do228-200
Gulfstream U-4
Saab 340B-WT


AI飛行船

American Blimp A60R


ハードウェア

Cessna 172 SP 関連